メニュー

第52回 東京ストーマリハビリテーション研究会 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会地方会

演題申し込み

  • 登録受付期間
    2021年4月1日(木)〜6月30日(水)
  • 演題応募資格(要件)
    医療従事者であること
  • 演題応募方法
    演題は、こちらの演題応募フォームよりご応募してください。
  • 倫理指針に基づく演題登録について
    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会(JSSCR)が策定した「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいて行われます。詳細はJSSCRホームページをご覧下さい。
    この倫理指針では皆さんが演題登録される研究がいずれかの施設・機関の倫理審査委員会で承認されていることを求めています。しかし現在はその制度への移行期にあることから、第52回東京ストーマリハビリテーション研究会の演題登録では、後ろ向きの観察研究(カテゴリーB1)の演題については、倫理審査委員会の審査を受けていなくても演題登録をできることにいたしました。どうか倫理審査委員会の審査を受けていない場合でも、ふるって演題登録をお願いいたします。
    ただし倫理審査委員会の審査を受けていない場合には、抄録の査読によって倫理性を審査させていただき、場合によっては修正をお願いする、あるいは登録を不可とする場合もあります。また当然ではありますが、倫理審査委員会の審査を受けて承認されなかった研究については演題登録することができません。
  • COI(利益相反)について
    第52回東京ストーマリハビリテーション研究会で発表・講演を行う筆頭演者は、演題応募や抄録提出時に利益相反状態の有無を明らかにしなければなりません。
    演題応募あるいは抄録提出時から遡って過去3年間の期間を対象に、発表内容に関係する企業・組織または団体とのCOI(利益相反)状態を演題応募時に、下記の項目について自己申告願います。
    詳細は下記にてご確認いただき、該当する場合には、様式1(PDF)、様式3(PDF)にそって、申告書を作成し、添付してください。
    医学系研究の利益相反に関する指針
    利益相反自己申告書 様式集_様式1(PDF)
    利益相反自己申告書 様式集_様式3(PDF)
    利益相反に関するQ&A
  • 抄録作成
    演題名・演者名(発表者筆頭)・所属施設・発表要旨をA4用紙800字以内にまとめて、ファイル(WordまたはPDF、4MBまで)を添付してください。
  • 採否通知
    演題登録が完了すると、登録完了メールがご入力いただいた筆頭演者のメールアドレス宛に自動配信されます。演題登録時に電子メールアドレスを正確にご記入ください。
    採否結果は、後日メールでてご案内いたします。
  • 個人情報管理に関して
    演題登録の際に登録いただいた個人情報は、当学術集会の学術論文発表目的以外での使用はいたしません。事務局にて厳重に管理させていただきます。

演題応募フォーム

    • 代表者名*
    • メールアドレス*
    • 種別*
    • 抄録の添付*

      ※演題名・演者名(発表者筆頭)・所属施設・発表要旨をA4用紙800字以内にまとめて、ファイル(WordまたはPDF、4MBまで)を添付してください。
    • 利益相反
      ※「あり」の場合は利益相反自己申告書 (様式1、様式3)をご記入の上、PDFファイルを添付してください。
      様式1:
      様式3: