メニュー

第52回 東京ストーマリハビリテーション研究会 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会地方会

協賛募集について

本学術集会は、このコロナ禍におきましても、実際に集まって、お互いに顔が見える形での開催を維持していきたいと考えております。そのための取り組みとして、例年200 名程度の参加者がみこまれるところを、450 名を収容できる大ホールをお借りし、social distancingに配慮しながら、通常開催を目指します。

しかしながら、状況によっては、会場へ足を運ぶことが困難な方も出てくると考えられ、WEBとの併用も模索しております。これまで、本学術集会の運営におきましては質素を要とし、研究会参加費を中心に会員自らの手が及ぶ範囲で、開催をしてまいりましたが、そうなると多額の費用がかかると予想され、自己資金のみでは、開催すること自体が困難と思われます。

もう一つの取り組みとしては、実際の患者さんの生活をより広く一般の方々に知っていただき、排泄障害患者に対する理解を広げる社会貢献の一環として、羽田由加子さんの講演を視聴できる権利をリターンに設定して、クラウドファンディングを展開したいと考えておりますが、プロジェクトが成功する見通しも不透明ですし、それだけでは、到底開催できない状況にあります。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、本研究会の趣旨をご賢察いただき、皆様からのご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。ご協賛いただける企業・団体には、協賛募集の詳細が記載された趣意書をお送り致します。企業協賛お申込みフォームには、趣意書に記載されているパスワードが必要になりますので、はじめに「趣意書お申込みフォーム」よりお申込みください。

趣意書お申込みフォーム企業協賛お申込みフォーム